メイファーマシー かかりつけ薬局

安心と信頼「心かよう調剤薬局」

メニュー000.pngHOMEHOME会社概要会社概要店舗案内店舗案内お役立ち情報お役立ち情報採用情報採用情報お問い合せお問い合せ

メイン0022.jpg

かかりつけ01.png

医薬分業とは、病院や診療所で医師の診察を受けた後に、お薬のかわりに薬の名前や量、使用法が書かれた処方せんが渡されます。この処方せんを保険薬局に持っていくと薬剤師が調剤を行い薬が渡されます。そのことにより薬の量や飲み合わせ等の確認が二重に行えます。
医薬分業は、医師と薬剤師が協力して、お薬をより効果的にまた安全に使用していただくために行っているものなのです。
また、「かかりつけ医」と同じように処方せんを持っていく「かかりつけ薬局」を決めておけば医薬分業における安全性がより一層高まります。

       【1】
あなたの「薬歴(お薬の服用や体質などの記録)」をつくり、いろいろなお医者さんから同時に処方せんが出た時など、お薬の飲み合わせ(相互作用)や重複がないかを確認します。
       【2】
市販薬をお飲みの方が薬局で処方せん調剤を受ける場合には、市販薬との飲み合わせのチェックもできます。
       【3】
お薬についてわかりやすく説明します。お薬の飲み方、注意事項などを書いた手帳や、効きめや注意すべき副作用などを記載した文章などをお渡しすることもできます。
       【4】
お住まいなどの近くであれば、いったん薬局に処方せんを預け、あとで調剤された薬を取りに行くことも簡単です。
お年寄りや体調の悪い時には、ご家族の方が代わりに処方せんを薬局におもちになられたり、薬を取りに来ていただいても結構です。
       【5】
寝たきりの方やお体の不自由な方には、ご自宅へお薬をお届けしたり、いざという時は、休日、時間外、夜間でも相談できます。

かかりつけメニュー01.pngかかりつけメニュー01.png

かかりつけメニュー02.pngかかりつけメニュー02.png

かかりつけメニュー03.pngかかりつけメニュー03.png

かかりつけメニュー04.pngかかりつけメニュー04.png