メイファーマシー よくある質問Q&A

安心と信頼「心かよう調剤薬局」

メニュー000.pngHOMEHOME会社概要会社概要店舗案内店舗案内お役立ち情報お役立ち情報採用情報採用情報お問い合せお問い合せ

メイン0022.jpg

よくある質問Q&A01.png

Q:いつもの同じ薬でまだ数日分手持ちがあるのですが、今日もらった処方せんは、すぐ薬局にもっていかなければいけないの?

  • 処方せんは有効期限があり、特別に医師の指示がなければ、処方せんをもらった日を含め4日以内であれば後日でも大丈夫です。

Q: 処方せんがなくてもお薬はもらえますか?

  • 医師または歯科医師の処方せんがないとお薬をお渡しすることができません。ご面倒でも受診されて処方せんをもらって下さい。

Q: お薬は何日分でも出してもらえますか?

  • 一部のお薬では、処方できる日数に制限があります。それらのお薬を除いては処方できる日数に制限はありませんが、受診されたときの症状や状態によって医師の治療計画がなされていると思われますので、受診された医師にご相談してみて下さい。

Q: 確定申告の医療費の請求はどうすればいいですか?

  • 病院と薬局の1年分の領収書と申告書を最寄の市区町村へ一緒にご提出して下さい。

Q: 代理の者が処方せんを持って行っても良いのでしょうか?

  • 処方せんがあれば、ご本人以外の方でもかまいません。

Q: 会計時に持ち合わせがないときや不足しているときどうしよう・・・

  • 一部支払っていただくか、近くに来られたときや次回来られたときでよろしいです。ただ一定期間ご来店がないようでしたら、こちらからご連絡をさせていただいております。

Q: 同じ薬を同じ日数もらったのに薬局によって金額が違うのはどうして?

  • 処方せんの受付枚数や病院の割合によって保険上の基本料金が違う場合や、はじめていく薬局の場合、お薬や服薬などに関わる情報によりご負担金が変わってくることがあります。「かかりつけ薬局」をご自分で決めていただいて、同じ薬局でお薬をもらわれることをおすすめいたします。

Q: 医師にはいえなかったが薬が余っているので減らしてほしい!

  • 医師に了解を得ないと減らしてお渡しすることはできません。飲み忘れであれば、医師にも知っていただくことが治療上大切なことですので、ご連絡を取らせていただいてからになります。

Q: 薬局でなぜ住所や電話番号を教えなければいけないの?

  • めったにあることではありませんが、お薬によってはお渡しした後にお伝えしなければならない注意事項が追加されることや、保険変更に伴うご負担金の変更があったときなど必要な場合のみご連絡させていただくことがあります。また、皆様からお預かりした情報は、個人情報保護法に基づき適切に保管させていただいております。

Q: お薬手帳は必要なの? 手帳にお金はかかるの?

  • 薬の記録とともに他の病院でもらわれている薬の飲み合わせなどの確認の為に使います。(詳しくは、「お薬手帳について」ページをご覧ください)また、当薬局では手帳そのものはサービスでお渡ししております。

Q: 薬を飲む時間を教えて下さい。

  • 食直前:食事のすぐ前に飲む。
  • 食前:食事をする約30分前に飲む。

space022.png薬は主に胃で溶けますが、胃の中に食物が入っていると吸収が悪くなる場合や、薬の作用発現を食後にしたい場合などに指示されます。

  • 食後:食事をしてから約30分以内に飲む。

space022.png胃の中に食べたものが残っているので、消化管への負担を減らします。

  • 食直後:食事のすぐ後に飲む。
  • 食間:食事と食事の間。食事をしてから2時間後が目安。食事により吸収が影響を受けやすい薬など。
  • 就寝前:寝る直前から1時間前に飲む。
  • 頓服(とんぷく):必要に応じて飲む。飲む時間は決まっていません。また、症状が無くなれば飲む必要はありません。解熱・鎮痛剤などは、胃に負担がかかる場合がありますので、なるべく空腹を避けて飲むようにします。
  • ○○時間毎:決められた(○○)時間の間隔ごとに飲む。薬の血中濃度を一定に維持するための飲み方です。

Q: お薬が飲みにくいのですが、錠剤を砕いたり、カプセルをあけて飲んでもいいですか?

  • お薬の中には、
    • 薬の成分が徐々に放出され、効果が持続するように工夫してあるもの
    • 胃の中で溶けないで腸の中で溶けるように工夫してあるもの(腸溶錠)
    • 薬の成分が苦い、においが強い、吸湿性がある

space022.pngなどの理由で錠剤にコーティングがしてあるものがあります。
こういった薬を砕いたり、カプセルを開けてしまうと、薬の成分が一気に溶け出して効き過ぎたり、思わぬ副作用が出てしまう場合があります。また十分にお薬が効かなかったり、飲みにくくなったりすることもありますので、どうしても飲みにくい場合は、薬局へご相談ください。

Q: 薬の保存方法について教えて下さい。

  • 高温・直射日光・湿気を避けて、乳幼児や小児の手の届かない所に保管して下さい。お薬は直射日光のような強い光を浴びたり、高温・多湿の場所だと変質しやすくなります。また、お薬の種類によっては、冷所保存や暗所保存のものなど特殊な保管の仕方の薬もありますので、薬局でよく説明を聞くようにして下さい。

Q: ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは?

  • 先発医薬品は新薬として販売されたお薬で、ジェネリック医薬品は新薬の特許が切れた後に販売される、同じ成分で同じ効果を持つお薬です。このジェネリック医薬品は、開発期間が短く、開発コストも大幅に抑えられるため先発医薬品よりも価格が安く設定されます。ただし、薬の種類によっては実際に窓口で支払う金額にほとんど差が無いものもあります。また、特許の切れていない先発医薬品など、ジェネリック医薬品が存在しないお薬もあります。

かかりつけメニュー01.pngかかりつけメニュー01.png

かかりつけメニュー02.pngかかりつけメニュー02.png

かかりつけメニュー03.pngかかりつけメニュー03.png

かかりつけメニュー04.pngかかりつけメニュー04.png